「切らない」「傷跡が残らない」眼瞼下垂治療

Ptosis

メスを使わない、画期的「切らない」「傷跡が残らない」眼瞼下垂治療

従来の眼瞼下垂の手術では、線状の手術跡が残る、脂肪、筋肉の切除による凹み、そして「やった感」「不自然感」が残るというデメリットがあります。

そこで、そのようなデメリットを解消すべく、メスを使わず、線状の傷跡を残さない画期的治療を日本で初導入いたしました。
切らずに、どのようにたるんだ皮膚を取り去るのか。これには、相当の医学の発展が必要でした。
余分なたるんだ皮膚を熱で劇的に収縮させる画期的な治療法のブレイクスルーにより、それを可能にしました。
もちろん、メスで眼瞼を切り取る事はせず、糸で縫って固定する必要もありません。
術後は塗り薬か、テープを1週間程度つけておくだけです。

そしてなんと!、眼瞼下垂だけではなく、皮膚の生まれ変わりにより、上まぶた(上眼瞼)、下まぶた(下眼瞼)、目尻の皮膚の皺も改善し、蘇らせていく事が可能なのです!

症例写真

お気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしています。