1.幹細胞治療とはどのようなものか

2.幹細胞を注入する事であらゆるシワを無くすことが出来る理想的な治療

3.幹細胞の注入により紫外線由来の小ジワを減らす研究論文の紹介

1.幹細胞治療とはどのようなものか

 若返り治療と言って、何が思い浮かびますか。近年、若返りの手段として幹細胞治療が注目されています。現在、多くの美容外科で幹細胞治療として提供されているのはPRP(多血小板血漿)です。PRPは聞いたことのある方も多いと思います。しかしながらPRP(多血小板血漿)は幹細胞を含まず、厳密的には幹細胞治療とは言えないでしょう。
 従来、幹細胞治療として臨床的に活用されるのはMSC(間葉系幹細胞)であり、骨髄由来で骨や筋肉、軟骨や脂肪になる事の出来る多分化細胞です。つまり、あらゆる細胞になることが出来ます。MSC(間葉系幹細胞)は骨髄由来であり、臨床で最も多く利用されている幹細胞です。また、近年美容医療における幹細胞治療として注目されているのがASC(脂肪由来幹細胞)の利用です。皮下脂肪組織は容易に多量採取する事が可能であり、MSC(間葉系幹細胞)と同じ機能を有しています。脂肪注入はご存知の方も多いですよね。

2.幹細胞を注入する事であらゆるシワを無くすことが出来る理想的な治療

 では、脂肪注入について具体的に見ていきましょう。通常、脂肪注入はASC(脂肪由来幹細胞)を用います。ASC(脂肪由来幹細胞)はSVF(間質血管画分)由来であり、SVF(間質血管画分)は脂肪組織を遠心分離(資料に対して強大な遠心力をかけることにより、その試料を構成する成分を分離または分画する方法)した後沈降した成分で多量のASC(脂肪由来幹細胞)を含みます。脂肪吸引と若返りが同時に出来るなんて、夢のようだと思いませんか。つまり、脂肪吸引で採取した自分の脂肪組織を用いて取り出されたASC(脂肪由来幹細胞)を皮膚のシワに注入する事で、シワをなくすことが出来、夢の若返りを可能にするのです。ヒアルロン酸と組み合わせることで、皮膚に深く刻まれたほうれい線のようなシワを無くすことも可能です 。この近代的な治療で、根本的に若返りたいと思いませんか。

3.幹細胞の注入により紫外線由来の小ジワを減らす研究論文の紹介

 実は、幹細胞はビタミンCのように抗酸化作用を示します。紫外線による小じわを無くすことができるのです。ここで、ASC(脂肪由来幹細胞)は抗酸化作用や紫外線により引き起こされるシワを減らす効果が実証された研究論文を紹介します。8週間紫外線を照射し、ASC(脂肪由来幹細胞)を注入するマウスとしないマウスで比較し観察を行いました。8週間紫外線照射により出来たシワはASC(脂肪由来幹細胞)の注入により有意に改善されました。そして皮膚の三層構造である真皮層の厚さやコラーゲンの増加もASC(脂肪由来幹細胞)注入群で認められました。以上の結果からASC(脂肪由来幹細胞)及びその分泌因子が紫外線誘発のシワの減少に効果があることが分かりました。紫外線を気にせず夢の若返りが出来るなんて、理想的ではありませんか。
 当院ではASC(脂肪由来幹細胞)を用いたアンチエイジングを提供しています。従来の医療では不可能であった自家組織を用いた自然な若返りを可能にします。脂肪吸引した皮下組織を再活用し、シワのない肌を目指してみませんか。最先端病院の形成外科や皮膚科で十分な経験を積んだ医師達によりあなただけの治療を提供いたします。最先端医療を用いた若返りは、ぜひ当院にお任せください

参考文献

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4447486/

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18829265/

https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rsif.2018.0388

病院へのお問い合わせ、カウンセリングの予約は下記の通りです。

TEL: 03-6228-7070